きょうのアクアトト

世界淡水魚園水族館アクア・トト ぎふウォッチャー。週に一度はアクアトト。

2016/12/13 「ざわめく自然」を求めて

赤ちゃんウシモツゴ
f:id:aquatottotoday:20161214130559j:plain
ホント可愛いなぁ。早く大きくおなり。

先週少し紹介した東海大学出版の保全関連の新刊ですが、親切な人が執筆者名入りで目次をアップしてくださいました。やっと書いてる方がはっきりわかりました。「第6章 ウシモツゴ:決して諦めない外来種対策」を執筆された岐阜大学准教授・向井貴彦先生のブログです。

「淡水魚保全の挑戦」: なんてったって,さかなのおうさまは,みなみのうみの100まんびきダボハゼさ

「決して諦めない」の経緯はきょうトトも少しお聞きしたことがあります。
f:id:aquatottotoday:20161214130627j:plain
外来種をどうしていくかについては色々と議論の巻き起こった2016年でした。生き物と関わりがなくても、水族館を訪れたり本を読んだりすることによって、「にぎやかな水辺」が素敵だと思ってくれる人々が少しでも増えてくれたらいいなぁときょうトトは思います。

「第11章 野生復帰を目指した生息域外保全:水族館の役割と限界」はやはりアクア・トトの池谷幸樹さんの執筆でした。
f:id:aquatottotoday:20161214130634j:plain
域外保全の取り組みについては現在下流水槽にてパネルで少し紹介があります。

あーそう言えば以前、バックヤードでイタセンパラの孵化した稚魚(っていうのかな?)を見せていただいたことがありましたね~
f:id:aquatottotoday:20161214130644j:plain
いま思えば大変貴重な経験でした。

他、アユモドキ(阿部司さん・渡辺勝敏さん)やハリヨ(松田征也さん・森誠一さん)の話題も。プラチヤー・ムシカシントーンさんのメコンオオナマズの項もありますね!これは読まねば。

12/14刊行です。興味のある方は、ぜひ。

叢書イクチオロギア4.淡水魚保全の挑戦:水辺のにぎわいを取り戻す理念と実践」.
日本魚類学会自然保護委員会編(渡辺勝敏・森誠一責任編集).
東海大学出版部,秦野.346pp.