きょうのアクアトト

世界淡水魚園水族館アクア・トト ぎふウォッチャー。週に一度はアクアトト。

2022/5/13 MTO MVUMBUZIとはなにか

小ネタですが。2Fメコン川フロアからコンゴ川フロアに渡る通路のところ。

RIVER EXPLORERの看板の下の方に「MTO MVUMBUZI」という表記があって、そういえばどういう意味なのかなと思って翻訳アプリで調べたところ、「MTO」はスワヒリ語で川、「MVUMBUZI」は発見者(discover)で、つまりRIVER EXPLORERスワヒリ語直訳のようでした。ナルホド

外務省のHPによりますとスワヒリ語公用語とする国はタンザニア連合共和国ケニア共和国。ほかウガンダ共和国ブルンジ共和国ルワンダ共和国コンゴ民主共和国モザンビーク共和国などでも話されてて、スワヒリ語人口は約1億人とのこと。コンゴって国2つあるんですよね、コンゴ共和国公用語はフランス語)ではスワヒリ語使われないようです。そうなんだ。文字はアルファベットなんですけど発音がよくわかんないですね。港湾で見かけるコンテナの読み方わかんないアルファベットのロゴってあれひょっとしてスワヒリ語なのかなぁ……。

昭和レトロ風味の看板いいですね。全然関係ないけどきょうトトの実母、この通路通るときホントにこの先で船に乗るんだと思ってました笑