きょうのアクアトト

世界淡水魚園水族館アクア・トト ぎふウォッチャー。週に一度はアクアトト。

2018/5/12 企画展、展示入替!

企画展の展示種に入替があったよーとお聞きしまして。
f:id:aquatottotoday:20180514125503j:plain
ここか。かくれんぼレベル1水槽。

ハナオコゼに変わりまして。
f:id:aquatottotoday:20180514125504j:plain
ポットベリーシーホース(Hippocampus abdominalis)登場。

タツノオトシゴってオスがおなかの育児嚢で子育てするんだよね。
f:id:aquatottotoday:20180514125505j:plain
じゃあこのおなかがポッコリしたのがオスでしょ?って思ったらなんか違うらしい。ソースはここ沼津港深海水族館さん公式ブログ。なんとほぼ毎日更新!)。fishbaseのこちらもわかりやすいかも。背ビレの位置よりも下におなかがあったらオスなのかな。あとシッポも長いみたい。オスとメスとでずいぶん形が違うようです。

もう一匹いた。じゃこっちがオスなのかな。また今度ちゃんと観察しよう。。
f:id:aquatottotoday:20180514125506j:plain
最初の水槽なのでかくれんぼレベルは低いようです。

入替前の展示種も記録しておきましょう。紹介するヒマが無くてごめんなさい。
f:id:aquatottotoday:20180514125507j:plain
ハナオコゼ(Histrio histrio)が入ってました。

正面顔がなかなか可愛いんだよね~
f:id:aquatottotoday:20180514125508j:plain
とか言ってたら、なんと写真これ1枚しか撮ってなかった(号泣)。種解説も撮り忘れてた......。 愛嬌のある顔立ち。横のオニダルマオコゼなどとは異なり、オコゼというものの無毒なんだそうです。

2018/5/12 アベハゼ

なんかアベハゼめっちゃ増えた気がする。。。
f:id:aquatottotoday:20180514142006j:plain
結構手前で常に観察できるようになりました。アベハゼ好きなので嬉しい。

イシガレイもちょっとずつ大きくなっているようです。
f:id:aquatottotoday:20180514142010j:plain
大食漢?お腹がずいぶん膨らんでいますね~。もっと大きくなって、エドハゼとかアベハゼが口に入るようになったら一旦お別れになるのかな。

2018/5/12 ウシモツゴ

ウシモツゴが繁殖期を迎えているようです。
f:id:aquatottotoday:20180514125501j:plain
キャ~~怖い顔!

オスの婚姻色です。冬の白銀色とはうって変わって、黒い黒い!
f:id:aquatottotoday:20180514125502j:plain
他の魚を追い払うような行動も観察されました。水槽で産卵するかな~。

2018/5/12 トノサマガエル

トノサマガエル発見。
f:id:aquatottotoday:20180514125457j:plain
これは・・・メス。たぶん 大きいですね。

向こう側にもいるよ。目だけ見えてるよ。わかるかな。
f:id:aquatottotoday:20180514125458j:plain
これもたぶん・・・トノサマ。わたしにはわかる。

先日、雨で田んぼに水溜まりができた折に近所のトノサマたちが一斉に産卵してしまいました。
f:id:aquatottotoday:20180514125459j:plain
まだ本格的な湛水ではなかったので、数日後に全滅してしまいました。残念......

そういえば水族館ではまだヌマガエル見てないなぁ。たまたまだと思うけど。
f:id:aquatottotoday:20180514125500j:plain
きょうトトのフィールドではニホンアマ・ヌマ・ツチ・トノサマ・ナゴヤダルマ・シュレなどの「いつメン」は全員確認済み。早く湛水始まらないかなぁ。

2018/5/12 宵闇のサツキマス

先週、滝壺水槽に天然サツキマスの追加があってから、明るい時間に来たくて来たくてしょうがなかったのですがなかなか時間が作れず。
f:id:aquatottotoday:20180514125453j:plain
突如予定が無くなったので喜び勇んでやってきたものの、

カメラがしょぼくて撮れない。
f:id:aquatottotoday:20180514125454j:plain

撮れない。
f:id:aquatottotoday:20180514125455j:plain

もはや魚種もわからない。
f:id:aquatottotoday:20180514125456j:plain
冒頭のものが奇跡の1枚となりました。観賞するぶんには、静かな館内の暗い水槽をゆっくり泳ぐサツキマスの巨体も良いものです。写真はまた明るい時間に。

2018/5/6 天然サツキマス2018、本格始動!

連休最終日、最終入館ギリギリで入館して4Fフロアに着いたらなんか滝壺に人だかりが。
f:id:aquatottotoday:20180506230740j:plain
あーっとこれは!なんということでしょう、アクア・トトの初夏の風物詩「長良川サツキマス2018」がいままさに放流されようとしているところではないですかーーーーっ!!!

午前中を中心に活動しているせいか、水合わせ(魚の入った袋を水槽に浮かべ、袋の中の水温を水槽と同じにする作業)とか放流って滅多に見れないんですよね。なのでこれは嬉しい。
f:id:aquatottotoday:20180506230741j:plain
見て!サツキマスがこんなに近くに.....。なんという凛々しさ、美しさ(涙)

水槽内に放流する前に全長を測ります。
f:id:aquatottotoday:20180506230742j:plain
こちらは36cm位かな?尺越え!

全長を記録したら、水槽内に放流します。感動の瞬間、動画でドーゾ。


元気に泳いでゆきました。
f:id:aquatottotoday:20180506230743j:plain
本日は4匹放流。先日の1匹と合わせて5匹になりました。長良川川漁師・大橋さんが漁獲されたもののうち、最もキズの少ない美麗な個体をお譲り頂いているそうです。今日の4匹は朝まで長良川を泳いでいた(と思われる)元気一杯の個体。天然サツキマスは本来、高級料亭に卸される高級魚なんですよ。大橋さんありがとう!

最後の一匹を放す直前、個体を観察していた職員さん:「あっ、ヒルが付いてる......」
f:id:aquatottotoday:20180506230744j:plain
ほんとだ!エラの辺りになんかついてる!

急遽ピンセットで除去します。
f:id:aquatottotoday:20180506230745j:plain
「ヒダビル」というヒルの仲間だそう。

これ海でつくヒルなんだそうです。つまり天然モノの認証!?海にヒル居るんですね~。全然知りませんでした。
f:id:aquatottotoday:20180506230746j:plain
基本的にはほっといてもそのうち落ちるのでは、とことです。しかし秒で気付く職員さん、ほんと凄いですね。

ウェルカム、ようこそアクア・トトへ。やっぱりカッコ良いなぁ......
f:id:aquatottotoday:20180506230747j:plain
たくさんの人に見て頂いて、長良川の現状に興味を持って頂けるきっかけになれば本当に良いなぁ!と思います。

2018/5/6 シマヨシノボリ抱卵!

連休最終日の夕方。ちょっと用事があって水族館へ。延長営業だと思ってたら今日は平常運転(最終入館17時)だった。危なーっ!
f:id:aquatottotoday:20180506230748j:plain
先日教えて頂いた、アブラハヤの水槽のシマヨシノボリ。あれっ!ちょっとこれ....

おなか青くなってませんか!?うわーこれ抱卵してるメスさんなのでは!?!?
f:id:aquatottotoday:20180506230749j:plain
ウワサには聞いて居ましたが、実際に見るの初めてです。これはエロい........だがしかしこの水槽内にこのエロさがわかる♂さんが一匹も居ないのでした。残念!

みなさんも探して見てくださいね~