きょうのアクアトト

世界淡水魚園水族館アクア・トト ぎふウォッチャー。週に一度はアクアトト。

2020/1/4 マタコミツオビアルマジロ

企画展「ブラジル・パンタナール大湿原 アマゾンを超える水の楽園 ~第2章 残された森~」よりきょうはマタコミツオビアルマジロをご紹介しようかなと。
f:id:aquatottotoday:20200110095159j:plain
企画展第2章スタート直前のようす。マタコさんご本人はまだ入ってないのかな。この三角木馬のおうちは最初はあったのだな。

じゃーんこちらがマタコミツオビアルマジロ、現地名:タトゥ・ボーラでございます。
f:id:aquatottotoday:20200109185122j:plain
ちっちゃくて可愛らしいアルマジロですね。

今日はちょうど給餌中のようでした。指?というか爪?結構ごついですね!エサ入れの中を一生懸命モフモフしていましたがミールワームとかかな。右側のエサ入れにはバナナやリンゴなどのフルーツや人工飼料が入っていました。種解説によりますと昆虫、ミミズ、カタツムリや果実、トウモロコシなんかを食べる雑食性だそう。ごっつい爪は地面を掘るのに使うのかもですね。
f:id:aquatottotoday:20200109185126j:plain
ちなみにマタコ、もっと早くご紹介したかったのですがどうして今日になったかというと、キチンと顔がみれたのが初めてだったからなのです。

初めて会った日。企画展新章スタート2日目ですね。
f:id:aquatottotoday:20200109185130j:plain
…ボールでした。

2日目。
f:id:aquatottotoday:20200109185135j:plain
やっぱりボールでした。

3日目。起きてる!
f:id:aquatottotoday:20200109185138j:plain
…と喜んだのも束の間、猛スピードで駆け回っていて全然撮れない(涙)。っていうかマタコ走るの速っ!!!この逃げ足なら鎧要らないのでわ…

ちなみにアルマジロにもたくさん種類がいますが、完全にボール状に丸まれるのはミツオビだけなんだそう。
f:id:aquatottotoday:20200110142316j:plain
頭にも鎧が付いてますね。堅そう!

尻尾はこんな感じです。完全に丸くなるとちょうど頭の横に尻尾が収納されるようです。
f:id:aquatottotoday:20200109185142j:plain
ジャガー級の強力な捕食者だと鎧もかみ砕かれてしまうらしいです。そんなときにはあの俊足が役に立つのかも。

横の撮影スポットにもアルマジロが増えていました。
f:id:aquatottotoday:20200109185147j:plain
これは「置物」のキャプションがついてるやつかな?真ん中のジャバラの数の違いでココノオビアルマジロ、ナナツオビアルマジロ、ヤツオビアルマジロなどの仲間がいるそう。調べてたらムクゲアルマジロなんていう毛むくじゃらのアルマジロも出てきましたw 全然知らなかったなぁ。会場には「マタコが真ん丸になってるの図」も展示してあるのでぜひ見に来てね\(^^)/

おまけ:ありゃ。マタコの隣の水槽の住人が居ないゾ……。
f:id:aquatottotoday:20200109185150j:plain

なんと。床材の中に完全に潜っているようです。お前……潜るんか………。
f:id:aquatottotoday:20200109185154j:plain
こちらの住人もなかなか魅力的です。次回はこちらをご紹介しましょうか。

2020/1/4 アマゾンツノガエル

アマゾンツノガエルがやる気を出している。
f:id:aquatottotoday:20200109185112j:plain
企画展・常設展示を通して上体を起こしているのを見るの初めてだ~。いつも座布団みたいになってますよね。

あっ喉。アゴの下。
f:id:aquatottotoday:20200109185115j:plain
真っ黒なんだ………(ザワザワ)

そういえは常設デビュー直後はこの水がチョロチョロしてるところに一匹ハマってましたが。
f:id:aquatottotoday:20200109185119j:plain
今見ると「えぇっ、こんな狭いとこに入れた?!」って感じしますね。。。

2020/1/4 キプリクロミス・レプトソーマ育児中!

タンガニーカ水槽に目を凝らしますと。
f:id:aquatottotoday:20200109185057j:plain
おや。

キプリクロミス・レプトソーマ、アゴが膨れていますね。
f:id:aquatottotoday:20200109185101j:plain
育児中のようです。

あっほかにも居た。
f:id:aquatottotoday:20200109185105j:plain
卵をくわえているメスさん、何匹か居るようです。初めて気づきました。展示水槽で繁殖してるようですね。

いつも上の方に居るいんしょうなんですけど産卵&放精はやっぱり底の方でするんですよね…。
f:id:aquatottotoday:20200109185108j:plain
人知れず底の方に下りてきてることもあるんでしょうかね~。ちなみに過去ログを調べたところ、忘れてましたがトトベビーにレプトソーマ登場したことがあったようです。この水槽からベビー抽出するのは無理だと思われるので、バックヤードでも繁殖していると思われます。そりゃそっか。

2020/1/4 シロヒレタビラ

ガッツリ指とレンズが写り込んでてすみません。
f:id:aquatottotoday:20200109185044j:plain
シロヒレタビラ(でいいかな)の子ども、3匹になってました。やっぱりちょっとずつ追加されてるのかな。

相変わらずエビ多めです。
f:id:aquatottotoday:20200109185048j:plain
こうしてみると半分くらいスジエビな気がする。。大きくなるのかな。ヌマエビ大丈夫かな。

あっ。
f:id:aquatottotoday:20200109185053j:plain
トウヨシノボリ(多分)。

2020/1/4 コサギ

コサギがなにかを食べようとしていました。
f:id:aquatottotoday:20200109185018j:plain
筒切りにした魚のようです。とある資料によりますと午前はサバ、午後はアジとワカサギ(かな?)、水曜日はオキアミだそう。

しばらくてこずっていましたが、
f:id:aquatottotoday:20200109185021j:plain
意を決して、パクッ。

ガフガフ。
f:id:aquatottotoday:20200109185026j:plain

丸のみにしました。
f:id:aquatottotoday:20200109185030j:plain
喉が。頸が。。。切り身の形になってる。

恒例の、鯉のおねだり。
f:id:aquatottotoday:20200109185033j:plain
コサギがここに立つと必ず集まってくるひとたち。

コサギがエサを落とすのを待っているのでしょうか。
f:id:aquatottotoday:20200109185036j:plain

至近距離に、コサギ
f:id:aquatottotoday:20200109185040j:plain
片足立ち。寒そう

2020/1/4 アクア・トトぎふのネズミたち

コツメカワウソの横。
f:id:aquatottotoday:20200109185002j:plain
いいえ、暖炉ではありません。日本最小のネズミの仲間「カヤネズミ」の展示です。

2020は子年!
f:id:aquatottotoday:20200109185005j:plain
小さいけど主役ですよ、主役。

すみっこに一匹居ました。
f:id:aquatottotoday:20200109185010j:plain
体重は7~14gで、だいたい500円玉1枚分。

あっ。
f:id:aquatottotoday:20200109185014j:plain
もう一匹いました。500円玉2枚分(重さ)。