きょうのアクアトト

世界淡水魚園水族館アクア・トト ぎふウォッチャー。週に一度はアクアトト。

2018/2/15 新テーマ水槽は「金魚」

うっかりだけどテーマ水槽入れ替わりでした。
f:id:aquatottotoday:20180217161320j:plain
次回は(黄金ナマズではなく笑)「金魚」だそうです。たのしみ。

2018/2/15 きょうのなまえ展

パンケーキリクガメの床からなにかが生えている......
f:id:aquatottotoday:20180217161315j:plain
な、なんだろう。エサに含まれていたタネ的なものが発芽したのか、それともレイアウトの一環なのか.....そしてパンケーキリクガメを見れる日は来・・・ゴニョゴニョ

「なまえ」を付けてみよう!コーナーが入れ替わっていた。
f:id:aquatottotoday:20180217161316j:plain
あの赤いナマコ、応募しようと思っていたのに・・・入れ替わるとは想定外でした。正解はゆくゆく公式ブログとかで発表されるのかな?今回の生物は結構有名かも。ですが良いですか、こちらは正解を出す企画じゃないですよ。知っていても敢えて外して行くのです。応募は館内の二次元バーコードから。

入れ替わりといえばトトラボも。
f:id:aquatottotoday:20180217161317j:plain
ハリガネムシに替わりまして。

ミズムシ登場です。おおおおぉぉぉぉぉ、ミズムシに種名板がつく=タグ付けられる日が来ようとは。
f:id:aquatottotoday:20180217161318j:plain
スロープ水槽など、あちこちでお馴染みですね。一瞬考えてしまったけど、足の疾患と同じ名前だね、ということでの採用なのかな。ちなみにミズムシと呼ばれる生きものは水生昆虫にもいるらしいですが、こちらに展示されているのはワラジムシ目(等脚目)。その中でミズムシ亜目は世界で2,200種以上が記載されていて、日本産だけでも推定未知種数を含めて300種以上では・・・とこちらに書かれてました。おまえ、スゴいんだな!

ちなみにハリガネムシは、
f:id:aquatottotoday:20180217161319j:plain
標本になりました。

2018/2/15 キッシンググラミーを撮ろう

ぬん。
f:id:aquatottotoday:20180217161310j:plain

ぬん。
f:id:aquatottotoday:20180217161311j:plain

ぬーーーーーーーーん。
f:id:aquatottotoday:20180217161312j:plain

企画展「そのなまえヘンテコリン」のこよみ水槽、カショーロから入れ替わりまして。キッシンググラミーです。公式ブログでまだ紹介されてないけどもう書いちゃう。
f:id:aquatottotoday:20180217161313j:plain
アッ、グラミーって付くけど「ヒモ(胸ビレが変化したやつ)」が無い。メコン川フロアにいるグラミーたちとは科が違うようです。Wikiをまる写しするけど「キッシンググラミー(学名:Helostoma temmincki)は、スズキ目ヘロストマ科に分類される魚。ヘロストマ科唯一の現生種」「野生の個体は緑がかった銀色をしているが、流通する養殖個体はほとんどが白変個体を固定した改良品種」だそう。裏取ってないけどごめんなさい。

前回は時間が無くてあまり粘れなかったんだけど、ウラキさんにコツを聞いて「ちゅー」してる瞬間の撮影に挑戦。アッ!撮れたー!奇跡の1枚。
f:id:aquatottotoday:20180217161314j:plain
魚を良く観察して、攻撃しそうな個体に目星を付けて追うと良いそう。みなさんもレッツ・チャレンジ!ちなみにご存じかと思われますが、チューしてるのはオスとオスの「けんか」です。口の形が結構面白い。ところでこの水槽、ぜんぶオスなんだろうか・・・・・・。

2018/2/15 きょうのタンガニーカ湖

レプトソーマ(キプリクロミス・レプトソーマ)がメスを追いかけていた!
f:id:aquatottotoday:20180217161303j:plain
尾ビレを細かく震わせて盛んにアピールしてました。レプトソーマもマウスブルーダーだそう。いつも上層に居るイメージですが産卵の時は底層に降りてくる...のかな?

オレオクロミス・タンガニカエ。
f:id:aquatottotoday:20180217161304j:plain
相変わらず目立ってます。

頭部のメタリックブルーが大変美しいです。
f:id:aquatottotoday:20180217161305j:plain
赤い目がルビーみたい。良き魚。

アッ、ブリシャルディが出入りしている岩のスキマに......
f:id:aquatottotoday:20180217161306j:plain

小さい!これは小さいぞよ!!
f:id:aquatottotoday:20180217161307j:plain
ブリシャルディが繁殖しているのはよく見かけるのですが、これはきょうトト史上最強の小ささ!もうなんか今孵化しましたみたいな。

動画を撮るウラキさんスマホと、ウラキさんが来ていると聞いて駆けつけたフロントーサ。
f:id:aquatottotoday:20180218024425j:plain
ちょっ、邪魔・・・悪いけど君じゃないんだ。

ケンカが始まったwww
f:id:aquatottotoday:20180217161308j:plain
いや、フロントーサのケンカもレアといえばレアな気がするがw ブリシャルディ、子育て中は自分の何倍の大きさであろうとも巣に近づく魚には果敢に向かって行くのが観察されるのですが、どうもこのブリシャルディ・ファミリーの親、あまり育児に関心がないような...そのせいで、本来はまだ出てくるべきサイズじゃない稚魚が見れたのかなぁという気も。

アレッ、ここにも見慣れない極小の魚が。
f:id:aquatottotoday:20180217161309j:plain
ぱっと見でパラキプリクロミス・ニグリピンニス(種名板が無くなっているので実際には「パラ?・・・パラ・・・・・・ニグ・・・えーとなんでしたっけ?w」でしたが)かなと思ったのですがこれたぶんオフタルモティラピア・ベントラリスですよね。やっぱり水槽内で新しい世代がちゃんと育っているのかな~

2018/2/15 サカサナマズ水槽に新展開!

1Fコンゴ川サカサナマズ水槽に新展開です。
f:id:aquatottotoday:20180217161258j:plain
シノドンティス・ショウテデニ(Synodontis schoutedeni)さん、シノドンティス・ブリチャージさん(Synodontis brichardi)、いらっしゃーい。お久しぶり。

チラッと、ショウテデニ。
f:id:aquatottotoday:20180217161259j:plain
豹柄が見えますね。

去年の企画展の写真を。こんなナマズです。
f:id:aquatottotoday:20180217161301j:plain
とても可愛らしい。

ブリチャージは・・・あのへんに隠れて居るやつかな?
f:id:aquatottotoday:20180217161300j:plain
・・・と教えてもらいました(笑)あれーブリチャージってどんなんだっけ・・・思い出せない。

ブリチャージ(ていうかショウテデニも、、)記事アップしてませんでしたね。頑張って写真探しました。一応撮ってた・・・うっわ、ボティア感ある!
f:id:aquatottotoday:20180217161302j:plain
今日はまだ慣れていないのか二種ともよく観察できませんでした。スルーしがちだったサカサナマズ水槽ですが、今後がとても楽しみです♪

2018/2/15 カラヒガイ

お昼ご飯食べて2周目。
f:id:aquatottotoday:20180217161255j:plain
ハッ、カラヒガイとコヒガイの水槽に見慣れない大きさのシマシマが・・・

えーっ、これカラヒガイでしょうか!でかい!!!
f:id:aquatottotoday:20180217161256j:plain
流木に隠れるように、2匹ほど。入って間もないのでしょうか。長良川上流フロアのカワヒガイくらいのサイズ。顔付きもソックリ。追星出てますね。へぇぇぇカラヒガイの成魚ってこんなに大きいのですね。いつも見ていたのは未成魚だったのか・・・さてはコヒガイも?と思って種名板を確認したら、コヒガイの方は成魚でも10cm未満でした。

おまけ。ウラキさん:「あっ、『ザリガニ』が『ニホンザリガニ』に」。
f:id:aquatottotoday:20180217161253j:plain
ホントだ!いつの間に。

ナマズ」とか「ドジョウ」とか「ゲンゴロウ」とか「ハコネサンショウウオ」とか、標準和名がその仲間全体を指すような種ってちょっと会話しててややこしいときありますよね。普通に会話してて「ザリガニ」っていうと、悔しいことに一般的には「アメリカザリガニ」なのでしょう。
f:id:aquatottotoday:20180217161254j:plain
あっ。珍しく出てきてる。

しかしウラキさんよく気づくな~!と今日は随所で感心することしきり。きょうトトもまだまだだ。
f:id:aquatottotoday:20180217161257j:plain
デンキナマズsp.になりました。1回来館されただけだとわからないことですが、通い続けて、こうしてこまめに情報を見直されているのを見ると、やはりアクアトトの種名板には強い信頼性を感じます。「タグの付け直し作業」が悩ましいところですが。

2018/2/15 アマゾン・フィーディングウォッチ

1Fアマゾン川の大水槽で毎日午前11:30より開催されているフィーディング・ウォッチ。今日はこれを見ましょう、と話していたのですが。
f:id:aquatottotoday:20180217161245j:plain
11:30というのは9:30の開館時間に入館して普通に降りてくるとこの時間になるよ、という設定なのだろうか。で、この後12時からアシカショーを見てアロワナガーデンでランチ、というのが模範的なタイムテーブルなのかも知れない。展示に夢中になって見逃さないようにウラキさんに、開始5分前アラームの設定をお願い。鳴ったのは、田んぼ水槽(3F長良川中流の最初のへん)でアカハライモリの産卵を見ている最中であった、うむむむ・・・これでもハイペースで回っているつもりだったのだが今日も時間大丈夫だろうか。余談ですが、1Fに向かう途中、河口水槽でとんでもないものを見てしまったのだが、まあその話はまた今度。

こんな調子なので、「見るゾ!」と予め心しておかないとついつい見逃してしまうアマゾン・フィーディングです。
f:id:aquatottotoday:20180217161246j:plain
エサはこんな感じ。お魚の切り身はサバとタラ・・・かな?結構大きいですね。あと人工飼料。みんなが平等に食べれるよう、一斉に撒くのだそうです。ちょっとずつだと、強い魚・素早い魚が総取りしちゃいますもんね。

ガラスの向こう側の音をスピーカーで流すのがトト・スタイル。ピラルクーの飲み込みはバーン!とスゴイ音します。大迫力!
f:id:aquatottotoday:20180217161247j:plain
観客の目の前で食べるように、職員さんが上手に投げて下さいます。今日はあんまり食いつかなかったようです。おなか一杯だったのかな?

コロソマも上手にキャッチ。あれ、君たち草食性じゃなかったのかね。
f:id:aquatottotoday:20180217161248j:plain
雑食性なのですね。

オキシドラスは落ちているエサを上手に探して食べてます。
f:id:aquatottotoday:20180217161249j:plain
おっとりしててかわいいなぁ。

小さめのレッドテールキャット。
f:id:aquatottotoday:20180217161250j:plain
開始前から盛んに泳ぎ回っていました。そろそろかな、とわかっているのでしょう。ちゃんとエサにありつけたかな。あれ、そういえば大きいレッドテールどこ行った・・・?

ハッ、
f:id:aquatottotoday:20180217161251j:plain

寝てました
f:id:aquatottotoday:20180217161252j:plain
キミも今日はおなか一杯だったのかな。