きょうのアクアトト

世界淡水魚園水族館アクア・トト ぎふウォッチャー。週に一度はアクアトト。

[話題]世界のごちそう博物館・珍食材シリーズ!

先日公式で紹介されていましたが今日はこちらの商品をピックアップ。
f:id:aquatottotoday:20171212141105j:plain
世界のごちそう博物館・珍食材シリーズ!

こちらの商品、「料理を通じて歴史や文化を学び、その国の現状を知るきっかけに」との思いで、世界各国の郷土の味を家庭で手軽に楽しめるレトルト食品として企画されているようです。
f:id:aquatottotoday:20171212141106j:plain
エスニック料理大好きなきょうトトにはうってつけ。フィッシュタンクさんでは現在このうちの「珍食材シリーズ」から「アメリカ南部風・赤耳亀のケイジャンカレー」、「ベトナム風・ナマズのココナッツカレー」、「マレーシア風・ワニのココナッツカレー」、「ブラジル風・ピラルクのココナッツ煮込み」の4種を販売されてます。いかにも水族館にふさわしいラインナップ。

では「ブラジル風・ピラルクのココナッツ煮込み」いってみましょうか。
f:id:aquatottotoday:20171212141107j:plain
ピラルクー自体はフライにされたものを、以前犬山のリトルワールドの南米ペルーエリアで食べたことがあるのですが(※期間限定)、大変美味で驚いたものです。ってちゃんと記事にしてたわw

こちらがピラルクーのココナッツ煮込みです。トマトベースの赤色が食欲をそそりますね♪
f:id:aquatottotoday:20171212141108j:plain
ココナッツの独特の甘~い香りがエスニックぅ~

ピラルクーの身はこんな感じ。ゴロッ!と贅沢に大きな切り身が入ってます。
f:id:aquatottotoday:20171212141109j:plain
フッカフカでとても美味しい!この煮込み、タイ米などのごはんにかけて食べるのも良いし、バゲットなどをアツアツのスープに浸して食べるのもオススメです♪

アレッ、でもこの中で珍食材といえばダントツでアカミミガメじゃないの?選ばなかったの?と思われたあなた、スルドイです。
f:id:aquatottotoday:20171212141110j:plain
実はつい先日、岐阜県で最も有名なサンショウウオの人と称される知人から、水族館とは別ルートで入手された「アメリカ南部風・赤耳亀のケイジャンカレー」を頂いていたのでした。

バス・ギル・ウシガエルアメザリヌートリアなど侵略的外来生物を色々調理してきたきょうトトですがミシシッピアカミミガメはさすがに(精神的に)ハードルが高かったので有り難い。
f:id:aquatottotoday:20171212141111j:plain
カメを食べたの初めてですが、畜肉に近く、言われなければカメとは気づかないような食感で大変美味でした。

こちらは神戸市で駆除されたアカミミガメが使用されてるそうです。このシリーズ全部と思われますがパッケージの裏側のイラスト&解説凄く良いです。意識高い。
f:id:aquatottotoday:20171212141112j:plain
「命を無駄にしないように」、全くもって同感です。ペット動物を安易に放逐する人の耳に1000回くらい吹き込みたい。。。。

あとニッチな情報。とある界隈がザワザワしている有尾類(&両生類)専門の雑誌「Caudata」の創刊号、フィッシュタンクさんで販売開始されました。
f:id:aquatottotoday:20171212141113j:plain
フィッシュタンクさんでは10冊限定で、そのうち2冊をきょうトトがお買い上げしましたので残り8冊です。実店舗・ネット販売でも希少となっていますので興味のある方は取りあえず何も考えずに押さえておくことをオススメしますよ。定価1,500円。水族館の方も執筆されてます。

他、たくさんお買い物したのでレジでガラポンできました\(^o^)/
f:id:aquatottotoday:20171212141114j:plain
クリスマス限定缶バッジが3個ももらえたよ♡ 絵柄はひーみつひみつ、メッチャかわいいです!

水族館にお越しの際は楽しいお土産盛り沢山の公式ショップ・フィッシュタンクさんにぜひドーゾー(・ε・)ノ

2017/12/10 「世界のナマズ大紀行」最終日です

7月に始まった企画展「世界のナマズ大紀行」もいよいよ最終日です。
f:id:aquatottotoday:20171212102406j:plain
会期長いな~と思ったけど終わってみるとあっという間なのはいつものこと。職員の方と我々観客とではまた感じ方が違うと思いますが。

わーいマーブルタティアの顔が見れた(゚∀゚)!
f:id:aquatottotoday:20171212102410j:plain
可愛いなぁ。っていうかマーブルで良いよね・・・?

最終日のパカモン。残念ながら、
f:id:aquatottotoday:20171212102408j:plain
今日は引きこもり状態。あー結局全身撮れなかった、、、

と思ったら奥さん、こんな写真を発掘してしまいました!!
f:id:aquatottotoday:20171212102409j:plain
初めて企画展を見に行った日に撮影してました、という....このときは「いつでもこの状態なんだな」と思って油断していたようです。ていうか写真のクオリティ低っ!!!

今日はちょうど、終了前に記録を取っていらっしゃる職員さんにお会いできました。やったーラッキー!!
f:id:aquatottotoday:20171212102407j:plain
アキシス属の見分け方、聞けました。やはり種名板の通り、模様で判別して良いようです。というわけでこの子はアキシス・プラシャディ(Akysis prashadi)。きょうトトさんおめでとう!いやいや、ありがとう!パチパチパチパチ。

お聞きしたところギバチも日中、見やすいところに居たようです。あぁっ悔しい。もっと早く仕事を終わらせてたら。
f:id:aquatottotoday:20171212102413j:plain
今週末はビワコオオナマズの聖地に行って来ます。展示は見る暇無いけど。ちなみにこの水槽はわたしの中では今回のナマズ展の目玉的な感じでした。

チャネルキャットフィッシュも元気でねー。
f:id:aquatottotoday:20171212102411j:plain
チャネルキャットは美味なんだそうです。

ナマズ属の一種くんはまたいつか会えるかもしれませんね。
f:id:aquatottotoday:20171212102412j:plain
個人的に思い出の深い子です。理由は言えませんが はやく学名・和名が付くと良いね。

世界のナマズの多様性に驚き目を瞠る良企画でした。夏の企画はやっぱりボリュームが大きくて記録する方もたいへんですが。
f:id:aquatottotoday:20171212102414j:plain
会期中は間に合わなかったので、後日また展示種一覧を作ろうかなと思っています。年内にアップできるかしら(ドキドキ)

2017/12/10 ゴクラクハゼのけんか?

企画展『世界のナマズ大紀行』最終日。なんとか最終入館時刻に間に合いました。
f:id:aquatottotoday:20171212102718j:plain
4F長良川上流、いい感じにとっぷり暮れちゃってますw 来る度表情の違うフロア、いいですよね。

さて駆け足で下っておりますと、おや。下流水槽で怪しい動きを発見。
f:id:aquatottotoday:20171212102403j:plain
ゴクラクハゼがヒレをいっぱいに広げて他の個体に見せつけるようにしてます。あれっ、これはこないだ見た求愛行動的なやつ?と一瞬思ったのですが....

動画でドーゾ。

youtu.be

これ、オスとオスみたいですね。こないだは一方が一方に一方的に見せつけをやっていたのですが、これは両方がやってます。つまり縄張り争いというか、ケンカみたいな感じでしょうか?

ガオーッ。
f:id:aquatottotoday:20171212102404j:plain
左の個体も「おこ」に見えて来たw

この2匹に付かず離れずな感じの1匹(奥に居る子)はメスでしょうか。
f:id:aquatottotoday:20171212102405j:plain
あらなんだか好みのヒレが見えるわ?みたな感じで見学してたりして。

2017/12/8 ナマズ展そろそろ終了です

終了前にギバチを何としても撮らねば・・・と思って来たのですがやはり今日も。
f:id:aquatottotoday:20171209111749j:plain
基本的に夜行性なんでしょうね。

企画展ブース。水槽の中におもちみたいなものが。
f:id:aquatottotoday:20171209111744j:plain
これはなんでしょう。

わたしです、わたし。
f:id:aquatottotoday:20171209111745j:plain
パカモンがガラスにムニッしているとこでした。ちょっと珍しいかも。パカモンもあんまりいい写真ないなぁ(悲)

チャネルキャットフィッシュ。
f:id:aquatottotoday:20171209111747j:plain
大きくなったかな?(タグ付けを思いっきりサボっているので過去写真が出て来ない 囧rz)

ヨーロッパオオナマズの腹面をドーゾ。
f:id:aquatottotoday:20171209111746j:plain
ヒゲ多いですね。3対6本。日本の、いわゆるナマズ(Silurus asotus)は2対4本、知らなかったんだけど幼魚の頃は6本なんだって。へぇ。

こちらはもっとヒゲ多い人。レッドキャット。
f:id:aquatottotoday:20171209111748j:plain
レッドキャットは特に赤くないように思うのですがなんでレッドなんだろう・・・現地でなにかと差別化するためにそう呼ばれてるんだろうか。謎。

きょうのナマズ属の一種。
f:id:aquatottotoday:20171209111750j:plain
捕獲されてほぼ一年か。もうすぐお別れです。最終日はひょっとしたら来れないかも。。。元気でねー。

2017/12/8 オキシドラス

オキシドラスが仲良く2匹。
f:id:aquatottotoday:20171209111815j:plain

あっ。集まって来た。
f:id:aquatottotoday:20171209111816j:plain
             / ワラワラ \

あっモフモフしている。
f:id:aquatottotoday:20171209111817j:plain
ちょっとそういうの・・・まずいです、なんてカワEのぉ~

オキシドラス苦手って思ってたころの感覚が全く思い出せませんw きょうトトは生き物に関してよくそうなるんですが。
f:id:aquatottotoday:20171209111818j:plain
オキシドラスのおしりのあなです、お納めください。

2017/12/8 きょうのタンガニーカ湖

オフタルモティラピア・ベントラリスが口内保育しているようです。
f:id:aquatottotoday:20171209111813j:plain
久々に観察しました。

あラビアータス。今日は奥に居る。
f:id:aquatottotoday:20171209111814j:plain
しっかし大きくなったなぁ・・・以前居たナイルティラピアを超えてるんじゃないだらうか。この個体ではないかもですが企画展の小水槽に入ってた頃が非常に懐かしいですねw

 

2017/12/8 ドワーフスネークヘッド

ドワーフスネークヘッドが大きくなっていた。
f:id:aquatottotoday:20171209111809j:plain
ドワーフ感なくなったw まあ普通のスネークヘッドはもっと大きいのでしょう。色も以前と違うような・・・産地の違いだったりするのかな?

ハッ、
f:id:aquatottotoday:20171209111810j:plain

なんと、もう1匹いるようです。
f:id:aquatottotoday:20171209111811j:plain
2匹いるの初めて見た。

同じ水槽に2匹、となればそれはやっぱりオスとメスなの?って期待しちゃいます(笑)企画展のハマギギとかはそうじゃないかもですが。
f:id:aquatottotoday:20171209111812j:plain
ドワーフスネークヘッドは意外とマウスブルーダーなのでした。ふむふむ。メスじゃなくてオスなのね(メモメモ