きょうのアクアトト

世界淡水魚園水族館アクア・トト ぎふウォッチャー。週に一度はアクアトト。

2022/11/4 クロベンケイガニを見分けよう

特別企画展です。ベンケイガニとクロベンケイガニを見分けよう。

これきょうトト知ってる。甲に切れ込みがあるかないかを見……ん待って待って。

もう一つ見分けポイントがありました。

「はさみ脚に多数の小さい粒」………!?

早速見てみましょう。あっっっっっっ本当だ、ハサミの表面の質感が全然違うぞ!?これ今まで気がつきませんでした!!!!

甲の切れ込みって小さすぎてよくわからないんですよね。見えないときはなんが赤っぽくない方がクロベンケイ…とか思ってたんですけど、色は微妙なときもあります。しかしハサミを見れば一目瞭然なんですね。気になって間違えてないか過去の投稿を改めて見直してしまいましたw

2022/11/4 エンツユイ

この水槽のエンツユイの中で、一番色が上がってるエンツユイ。
地の色と帯のコントラストくっきりしてますね。

オスの成魚がこういう色になるそうです。婚姻色みたいなものかな?

ということはほかのエンツユイはメスなのかな。よくわからない

なんとなくくたびれてるアオウオ。

お歳を召しておられるのかな…。ひょっとして年齢=アクア・トトの営業年数?アオウオの寿命は15~20年くらいだそうです。ほんらい家魚(家畜の魚版)なので展示や愛玩以外ではそんなに長く飼育することもなさそうですが。

2022/11/4 天然記念物イタセンパラの繁殖期特別展示

下流水槽、イタセンパラの特別展示が始まりました!

早い年は敬老の日辺りに始まるので、今年はもうないのかと思って寂しかったよ……また会えるの嬉しい!

いました!数はそんなに多くないですが、今年は例年より体格が良くて色も上がってるみたい。時期が遅いせいもある?

桃色の婚姻色、本当に美しいですね!もっとそばに来てくれないかな。来てくれると嬉しいな(笑)

めちゃめちゃピンボケですがかなり小さい個体も観察されました。3cmくらい?さすがに小さすぎん??

時間がある&天気が良いときもうちょっとましな写真を撮りに来ようと思います!

2022/11/4 きょうの希少魚

珍しくアユカケが顔を出していました。

アユカケの「カケ」部分がすごく目立っていますね!これってなんのためにあるんだろうね。

隠れるところを一生懸命探していました。

ここでいいのかな?他の3匹はめちゃ完璧に隠れていました(みんなシッポだけ見えたw)

ドンコすごい立派になりましたね!



「THE ドンコ」といった風情。またペアリングして、あわよくば産卵の観察とかしてみたいな。琵琶湖博物館で一度卵を守るオスを観察したことがあるのですがそれはそれは美しい卵でした。

チチブです。渋い色合い。白い腕輪がおしゃれ!

この数秒前まで第一背ビレをピーーーン!!とアンテナみたいに立てていました。背ビレも微妙に紅色で、ほんときれいですよね^^

 

2022/11/4 ミシシッピアカミミガメ

3F・期間限定水槽のミシシッピアカミミガメのちいさいほう。

いわゆるミドリガメ。甲羅干しをしています。

足の向き見て………かわいい

パンのトングみたいになってますねw アカミミガメのこういうポーズよく見る気がします。足の裏も日に当てたい、みたいな感じでしょうか。

2022/11/4 デンキウナギでクリスマスツリー点灯!?

この時期恒例の水槽。

エントランスは早くもクリスマスモード!テーマ水槽は「デンキウナギでクリスマスツリー点灯!?」です。

今年はわたしが頑張ります。

デンキウナギって触ったら感電すると思うんだけど水族館職員の人怖くないのかな~移動させる時どうしてるんだろう…と思ったらカワスイさん(川崎水族館)のHPによりますとゴム手袋を付けて作業しておられるようです。それでも怖いな~^^;あと海外のYouTuberで「デンキウナギに素手で触れてみた」っていうクレイジーな企画(内容はわりと真面目)を見つけたんだけどほんとに痛そう。。。

ツリーが一段と輝くお食事タイムは今年も無いようです。

というわけで開館時に餌やりに遭遇したらラッキーかも?