読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょうのアクアトト

世界淡水魚園水族館アクア・トト ぎふウォッチャー。週に一度はアクアトト。

2017/1/6 淡水魚保全本、取り扱い始まりました!

今日も美しいイタセンパラの群泳。
f:id:aquatottotoday:20170107091538j:plain
久し振りに昼間に見ました。冬の日にキラキラ輝いてとてもきれい。

まだまだ婚姻色のオスも頑張っていますよー。
f:id:aquatottotoday:20170107091539j:plain
小振りですが、キレイです。

さてイタセンパラが枕といえばこの話題です。保全本こと「淡水魚保全の挑戦:水辺のにぎわいを取り戻す理念と実践」、遂にきょうトトもゲットしました。
f:id:aquatottotoday:20170107091610j:plain
公式からも告知ありましたが、アクア・トトの公式ショップFishTankさんにて年末より販売開始されてます。

帯をめくってこの表紙!ドン!!
f:id:aquatottotoday:20170107091611j:plain
やっと現物をご紹介できました、もちろん我らがアクア・トトの写真です。どーですかこれー!凄いインパクトですよね!!

目次をちょこっと。職員・池谷幸樹さんの執筆は「第11章 野生復帰を目指した生息域外保全:水族館の役割と限界」です。
f:id:aquatottotoday:20170107091612j:plainネコギギ、ハリヨ、アユモドキなど水族館でもお馴染みの魚名が見えますね、あとイトウやウシモツゴイチモンジタナゴの話題もあります。OH、これは全トトラー必読の書・・・!

Web上にも公開されていますが、魚類学会さんの生物多様性保全をめざした魚類の放流ガイドラインも巻末に収録されています。放流に関しては昨年末もあちこちでザワザワしてました。
f:id:aquatottotoday:20170107091540j:plain
生き物や自然を愛する人々の努力が正しい知識と共に広く世間に浸透して、生きものたちにとって住みやすい世の中になれば良いなときょうトトは思います。そうしてこの下流水槽みたいな「にぎわい」「ざわめき」が戻ってくると嬉しいですね^^

叢書イクチオロギア4「淡水魚保全の挑戦:水辺のにぎわいを取り戻す理念と実践」
日本魚類学会自然保護委員会編(渡辺勝敏・森誠一責任編集)は、世界淡水魚園水族館アクア・トトの公式ショップFishTankにて好評発売中です。レジ横の書籍コーナー、イカした手描きポップが目印です。池谷さんのサイン入りかどうかですと?うーんどうでしょう・・・また聞いてみます。